HOME > 疾患グループ > 乳腺・内分泌外科 > 乳房の構造と乳腺の役割

乳房の構造と乳腺の役割

乳房は胸壁(肋骨、肋間筋、胸筋などからなる)の上に位置し、皮膚、皮下組織(脂肪など)、乳腺組織から成り立ちます。

乳腺は母乳をつくり、新生児、乳児への栄養や免疫機能を与える重要な組織です。

乳腺組織は胎児期の5週目ごろより作られ始めますが、女性では10〜12歳になると女性ホルモンの分泌が高まり、乳腺組織は成人型に成熟し始めます。閉経とともに女性ホルモンの分泌が減り、乳腺組織は脂肪組織へと変化していきます。

成熟乳腺は腺細胞とそれにつながる乳管細胞からなり乳管細胞は木の枝のようにつながって太くなり、乳頭に開口します。腺細胞は嚢状になって乳腺の腺房を形成し、それが10〜100個ほど集まって小葉をつくり、さらに20〜40集まってひとつの乳管になります。

腺細胞が作る乳汁は乳管を通して乳頭部より分泌されます。

乳頭に開口するのは、15〜20の乳管です。これらの乳腺組織は胸筋膜や腹壁筋膜と連続する線維性結合組織に覆われており、その周囲(皮膚と乳腺の間や胸壁と乳腺の間)を脂肪組織が覆っています。

(図1)乳房の構造

乳房の構造

一つ戻る