HOME > 疾患グループ > 乳腺・内分泌外科 > 甲状腺癌 > 慈恵医大外科での治療の特色

甲状腺癌

甲状腺癌とは 慈恵医大外科での治療と成績

慈恵医大での治療とその成績

年間20〜30例の方が甲状腺癌の手術を受けています。

治療の特色

術後、病変が広範囲にある場合、全身への転移が強く疑われるような場合は、放射線科に協力を仰ぎ
甲状腺の癌細胞が取り込みやすい I-131という放射線同位元素を投与し治療することも行なわれています。

クリニカルパスの実例

手術自体が身体に与えるストレスは、比較的軽く、全身状態の良好な患者様には、ほぼ全例にクリニカルパス用語説明を使用しています。

甲状腺手術のクリニカルパスの実例

*別ウィンドウに開きます。
*印刷物から起こした物ですので、実際のものと様式は異なります。