HOME > 疾患グループ > 肝胆膵外科 > 転移性肝臓癌

転移性肝臓癌

転移性肝臓癌とは 慈恵医大外科での治療と成績

転移性肝臓癌とは

転移性肝癌は、肝腫瘍の中で最も頻度が高い腫瘍です。肝臓は肺に次ぐ転移の好発臓器であり、悪性腫瘍は発生部位や種類に関わらず肝転移を来たす可能性をもちます。

特に経門脈性転移が起こりやすい腹部消化器癌において肝臓は、転移先として最初に標的となる臓器と考えられます。

↑上へ戻る

治療法の詳細は『慈恵医大外科での治療と成績』をご覧下さい。