トップ > 疾患グループ > 肝胆膵外科 > 肝胆膵外科の特色

慈恵医大 肝胆膵外科の特色

先進医療(学内)

手術件数

年間の全手術数:427件

肝切除術 :51件

胆嚢摘出術:180件(うち腹腔鏡下手術例:137件)

膵頭十二指腸切除術 :18件(うち幽門輪温存手術例:1件)

膵尾側切除:10件(うち腹腔鏡補助下手術例:5件)

脾臓摘出術:16件(うち腹腔鏡下手術例:12件)

クリニカルパス

腹腔鏡下胆嚢摘出術

手術前日入院:術前検査・全身状態の確認、抗生剤の皮内テスト追加。午後9時より絶飲食となります。

手術当日  :朝より点滴。手術室入室から帰室まで麻酔時間を含めて3〜4時間かかります。病室に帰室後6時間はベッド上安静で、その後はトイレ歩行可としています。

手術翌日  :朝から水分可。昼からお食事を開始します。点滴はこの日で終了となります。

手術3日後 :退院。

手術1週間後:外来で皮膚縫合に使用した針を抜去します。