HOME > 疾患グループ > 血管外科 > 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症 慈恵医大外科での治療と成績

閉塞性動脈硬化症とは?

動脈硬化という言葉は皆さんはよく耳にすることがあると思います。文字通り体の血管(動脈)が硬くなり、壁が肥厚し、内腔が徐々に狭くなっていき(狭窄)、しまいにはつまってしまう(閉塞)病態です。動脈硬化は全身の動脈に生じますが、四肢の動脈、特に下肢に高頻度に起こり、閉塞性動脈硬化症と称しています。近年、日本でも食生活、生活様式の欧米化、平均寿命の延長による高齢化などにより、閉塞性動脈硬化症に罹患する患者は著明に増加してきています。

↑上へ戻る

閉塞性動脈硬化症の症状

閉塞性動脈硬化症の症状は、血管が動脈硬化により、狭くなったり、つまってしまうことで、血流が悪くなることにより、種々の症状が起こります。通常、その重症度により、4段階に分類されています。第一段階( I 度)としては、無症状のものから、脚が冷たく感じる、しびれを感じるという程度の軽症のもの、第二段階( II 度)としては、歩いたときに脚が痛くなり、たびたび休む(間歇性跛行といいます)、歩行距離がだんだん短くなってきて、第三段階( III 度)として、ついには安静にしているときにも脚が痛い(安静時痛)、第四段階( IV 度)として、足の趾やかかとなどが黒く壊死したり、潰瘍ができるといった症状があり、徐々に進行してきます。特に壊死や潰瘍があると、細菌感染を併発しやすく、ひとたび、感染が起こると、血流が悪くなり、より中枢側での切断が必要となったり、体に感染が波及して、全身状態が悪くなる(敗血症)ことがあり、早めの治療が必要となります。また、しびれや間歇性跛行の症状は脊椎の疾患でも起こることがあり、鑑別が必要になります。

I 度:
無症状、脚の冷感、しびれ
II 度:
間歇性跛行
III 度:
安静時疼痛
IV 度:
潰瘍、壊死
↑上へ戻る

閉塞性動脈硬化症の危険因子

糖尿病、高脂血症、高血圧、喫煙、年齢などが危険因子となります。性別では男性に多い傾向にあります。

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化の一つの症状であるため、脳梗塞や心筋梗塞、腎臓の血流障害などを合併する場合もあり、注意が必要です。

↑上へ戻る

閉塞性動脈硬化症の検査

身体検査として、脚の皮膚の色や動脈の脈拍が触れるかどうかが基本となります。動脈硬化で血管が狭くなったり、閉塞したりした場合は、脈拍が弱くなったり、触れなくなります。生理的検査法としては、上腕・足関節血圧比もよく使われます。これは、腕の血圧と脚の血圧の比です。通常、動脈硬化は脚の血管に起こりやすく、脚の血流が悪くなると、脚の血圧が下がってきます。上腕・足関節血圧比の低下があり、症状がみられるときは、下肢の動脈の血流の障害を疑います。画像による検査としては、MRI, CT, 超音波や、カテーテルを使った血管造影の検査などがあります。

↑上へ戻る