HOME > 疾患グループ > 血管外科 > 腎動脈狭窄症

腎動脈狭窄

腎動脈狭窄とは 慈恵医大外科での治療と成績

腎動脈狭窄症とは?

腎動脈はお腹を通る腹部大動脈から枝分かれして、左右に一つずつある腎臓に血液を供給している血管ですが、加齢と動脈硬化症により狭くなりやすい血管の一つです。

腎動脈が狭くなった場合、初期のうちは全く症状がありませんが、狭窄率が約70%をこえると血圧が上昇する(高血圧)などの症状が出ることがあります。
血管がさらに狭くなると腎臓にいく血流が不足し、腎機能が悪化し、最終的には血液透析が必要となることもあります。

↑上へ戻る

高血圧・腎不全と腎動脈狭窄症

大多数の高血圧症は1次性高血圧といって原因のはっきりしない高血圧です。根本的治療はなく、ほぼ一生血圧の薬を飲まなくてはなりません。

それに対し、腎動脈狭窄症などにより血圧が上昇している場合は2次性高血圧症といい、根本的治療が出来る可能性があります。腎動脈が狭くなると十分な血流が行かないために腎臓の中の血圧が下がります。すると腎臓は全身が低血圧になったと勘違いし、血圧を上げるレニンというホルモンを出し、その結果高血圧となるのです。

腎不全でも大多数の腎不全患者は腎動脈狭窄症以外の病気、すなわち糖尿病性腎症や糸球体腎炎などによるものですが、腎動脈狭窄症により腎不全となった場合はステント治療などにより血液透析から離脱できる可能性があります。

↑上へ戻る

診断

腎動脈狭窄症の診断は簡単ですが、腎臓が痛むなどという症状がないために医師が腎動脈狭窄症という疑いを持たなかったらまず診断がつくことはありません。

腎動脈狭窄を疑うのは、

  1. 原因不明の腎機能障害
  2. 55歳以上で高血圧を発症
  3. 安定していた高血圧の悪化
  4. 2種類以上の高血圧の内服が必要
  5. 左右の腎臓の大きさが違う
  6. 原因不明の肺水腫

などが挙げられます。

最初に行うべき検査は血液検査と超音波検査です。
超音波で腎動脈の血流を計ることにより診断ができますが、異常を指摘されても100%正確ではないので、次のステップとしてMRIかCT検査を行います。

↑上へ戻る