小児外科 ヒーローイメージ
鼠径ヘルニア 陰嚢水腫(水瘤) 臍ヘルニア 停留精巣 包 茎 乳児痔瘻および肛門周囲膿瘍
小児外科 – 日常よくみられる病気

鼠径ヘルニア

お子さんがお風呂に入っているときや泣いたときなどに足の付け根(鼠径部)や陰嚢(いんのう)が膨らんで見つかります。腸が出てくることもあるので、いわゆる脱腸と言われている病気です。原因は、お子さんがまだお母さんのおなかの中にいるころ、その子が男の子であればお腹の中の腎臓の近くにある精巣(睾丸)が陰嚢の方へ降りてくる時に、腹膜というお腹の内臓を包み込んでいる袋を一緒に引っ張って降りてきます。女の子の場合は子宮を支える円靭帯という組織が同様に腹膜を引っ張ってきて恥骨にくっつきます。そしてこの腹膜が袋状に残ったものがヘルニア嚢(のう)と呼ばれる袋です。この袋は多くの子供では、自然に閉じますが、残った袋に、腸などが入り込んだのがヘルニアです。女の子の場合はときに卵巣がこの袋の中に引っ張り込まれこともあります。

ヘルニアで怖いのは嵌頓(かんとん)といって、脱出した腸がお腹の中に戻らない状態になることです。この時ふくらみは普段より硬くなり、お子さんが痛みを訴えたり、赤ちゃんでは、不機嫌になったり吐いたりします。放置すると、脱出した腸が壊死といわれる(組織が死んだ)状態になります。

嵌頓した場合は早急に腸をお腹の中に戻す必要があります。まずは手で戻すことを行いますが、それでも戻らない場合は緊急手術で戻すことになります。

嵌頓の危険があるのでなるべく早く手術することをお勧めします。また、女の子で卵巣が出ている場合は、腸のように嵌頓を起こす可能性は低いですが、卵巣はお腹の中に暖かい環境にないと十分な機能を維持できないので、なるべく早く手術をしてお腹の中に戻す方がいいでしょう。

ヘルニアの手術の安全性は高いのですが小児では全身麻酔で行います。

当院ではヘルニアに対して2通りの術式を行っています。ひとつは以前から行っている方法でヘルニアの出口のところ(お子さんのお腹の最も下のしわに沿って約1.5cmの切開をいれ、ヘルニアの袋のお腹からでる根本を糸で縛ってヘルニアが出ないようにする方法と一昨年から行っている方法で腹腔鏡を使って臍のところに約7mmの切開と右の下腹部に約3mmの切開を入れ腹腔鏡を見ながらヘルニアの出口のところにお腹の外から糸の付いた針を通してヘルニアの袋をとじる方法です。この方法では創も目立たず出てないほうのヘルニアも確認でき両側を一度に治療することが可能です。また、男の子の場合、精索(精巣から精子を運ぶ管や精巣への血管が通るところ)をはがす操作が不要なので精巣への負担も少ないと考えられます。当院では腹腔鏡手術(通称LPEC)を受けるお子さんが増えています(アメリカでも標準の術式になりつつあります)。

どちらの術式も手術の翌日に退院となります。

陰嚢水腫(水瘤)

陰嚢水腫はヘルニアと同じ袋が原因で、そこに水がたまった状態です。

陰嚢水腫だけの場合には嵌頓のような危険はないので急いで手術をする必要はなく、1歳までに9割が自然に消失するといわれています。以前は針を刺して水を抜くことが治療として行われたこともありますが、しかしその効果は一時的で根本的な治療ではなく今は行いません。1歳過ぎても残っている場合に手術の対象となり鼠径ヘルニアと同様の手術をし、そのときに袋内に溜まった水を抜きます。(当院ではヘルニアと同様に腹腔鏡下の手術も行っています)

臍ヘルニア

泣いたときなど、おなかに力がかかった時にお臍が膨らむ、いわゆる“でべそ”のことです。臍の奥にある臍輪(筋肉)の閉鎖機序が遅れるために起こります。比較的頻度の高い疾患で、出生児の約10〜20%に認めます。また、未熟児に多いと言われています。しかし、1歳までに約90%が自然治癒します。痛みや皮膚の変化がなければ、何もせず家で経過を見ていて問題ありません。また、ヘルニアの部分をコインや絆創膏で押えたりすることは皮膚がかぶれたり、臍を傷つけたりするので一般的には行いません。しかし、1歳頃になっても自然治癒しない場合、今後治る可能性が低いため、手術が必要となります。傷が目立たないように臍の内側の皮膚を切開し、臍輪を閉じて臍の形を整えるという比較的簡単な手術ですみます。大きさにもよりますが、手術時間は30分〜1時間程度で、翌日には退院できます。手術をしなくても大きな病気につながる可能性はほとんどありませんが、本人が気にするようになるなど外見上の問題があるため、小さいうちの手術をお勧めします。

停留精巣

最近、発症頻度が増加傾向にある病気です。精巣はお子さんがまだお母さんのお腹の中にいる時には、お腹の中の腎臓の近くにあるのですがそれが次第に下に降りてきて、1歳までには陰嚢内に降りてきます。1歳になっても陰嚢内に精巣(睾丸)が1つしかない、または、ふたつともない時、お風呂上りに精巣が陰嚢の下のほうに垂れ下がってこないような時には、停留精巣が疑われます。

精巣がお腹に近い位置にあり陰嚢内の適切な位置にない場合には、体温で温まることにより精巣の発達(精子を作る力など)が遅れたり、長い間放置されると精巣に悪性細胞が発生したりすることがあります(癌になるのは正常の40〜100倍といわれています)。また、精巣捻転(精巣が捻じれて腐ってしまうこと)の危険も高いので、1歳頃には精巣固定術といって精巣を陰嚢内に降ろして固定する手術を行います。通常の精巣固定手術は約40分程度です。また、精巣が体表に触知せずにお腹の中にある場合には腹腔鏡を用いて精巣を陰嚢内に降ろす手術を行っています。通常の固定手術でも腹腔協手術でも手術の翌日の退院となります。

小児期の包茎は、生理的に正常なのですが、排尿時におちんちんの先端が、風船のようにふくれたり、先端が赤く腫れたりする時には、治療が必要です。最近では、ステロイドの入った軟膏を包皮に塗り皮膚をやわらかくして包皮を剥きやすくする方法も行い外来で指導しています。(8〜9割で包皮が剥けやすくなり、排尿がスムーズになります)。それでも改善しない場合は、包茎に対する外科的な治療を行うこともあります。手術の場合、包皮が手術後に腫れますが翌日の退院になります。

乳児痔瘻および肛門周囲膿瘍

肛門の周囲の皮膚(特に肛門の横)が、赤くはれたり、そこから膿(うみ)が出てきたりした場合には、乳児痔瘻です。この病気は男の子に多く、便秘の子にできやすいですが、下痢が続いた後などにもできます。赤くはれる程度であれば、抗生物質の投与により改善することがありますが、中に膿(うみ)がたまっている場合には、切開して、膿をだすことが必要となります。一度治っても、何回か繰り返すこともあります。排膿を繰り返しながら、9割以上のお子さんが1歳までに自然に治りますが1歳までに治らない場合は、自然治癒することはないので手術が必要になります。手術は、20分程度で全身麻酔下での瘻孔の切除になりますが翌日退院できます。