入局をご希望の先生へ ヒーローイメージ
はじめに 後期レジデントコース(専門修得コース)の特徴 外科レジデントシステムについて レジデントの声 先輩医師の声

入局をご希望の先生へ

初期臨床研修医・医学生で慈恵医大外科学講座への入局を検討されている皆さんへ

慈恵医大外科学講座ホームページへお越しいただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行により、昨今の医療を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。特に研修医2年目の先生方におかれましては後期研修の進路選択に頭を悩ませていることと思いますが、説明会や病院見学に参加することも思うに任せぬ状況が続いており、漠然とした不安の中で日々をお過ごしのこととお察しします。今般の外科学講座ホームページのリニューアルに際しては、外科医を志す皆さんにとって少しでも有用な情報をご提供させていただき、医局の“今”が伝わるように、コンテンツの拡充に努めました。どうぞゆっくりとご覧になっていただければ幸いです。

私たちの医局は7つの診療部(上部消化管・下部消化管、肝胆膵、呼吸器、乳腺・甲状腺・内分泌、血管、小児)から構成され、医局員約300名に迫る大所帯です。港区西新橋の本院に約60名の医師が在籍している他、柏病院、第三病院、葛飾医療センターに計約60名、関連施設に約140名を派遣しています。さらに国内外に約20名のスタッフが留学しています。慈恵医大外科学講座でレジデントとして修練することの目的は、外科専門医を取得し、一人前の外科医となることです。しかしそれと同時にレジデント修了後はこの医局に就職するという目的もあり、レジデントにはその権利が保障されています。この点はレジデント修了後のポジションが保障されていない市中病院のレジデントと比較すると、特に際立った特徴と言えます。後期研修は初期研修と違い、前述の通り就職のような側面がありますので、目先の待遇、条件やブランドイメージにこだわるがあまり、“使い捨て”されるようなことがあってはなりません。

慈恵医大外科学講座は、新たに加入する “仲間”は心から歓迎しますし、レジデント修了後も一人一人を大切なスタッフとして処遇します。もちろん年齢や性別、出身大学はもとより、医師になるまでに歩んできた経歴によって差別を受けることは100%ありません。私たちは外科レジデントをどこで修了したかをもって最終学歴とし、「慈恵医大で外科レジデントを修了した者の最終学歴は慈恵医大として分け隔てなく迎え入れる」というスタンスを堅持しています。社会人・他職種を経験してから医師となった医局員も少なからず在籍しており、それぞれが具有する人生経験や価値観からもたらされる“Diversity”は、医局の活性化にも一役買っています。そして、ここには生涯を通じて喜びや悲しみを分かち合える仲間がいますし、慈恵医大外科学講座は、仲間の面倒は一生見ます。私たちの下でトレーニングを受けたスタッフが他大学の教授職に就くことを祝福することはもちろんですが、開業する場合にも全面的に支援しています。医局員が定年を迎えるまで一生涯、講座として責任を持つという覚悟の上でレジデントを採用しており、仲間である以上、能力の高い、低いに関わらず一生お付き合いしたいと考えています。

入局をご希望の先生へ-1
2012年5月21日の皆既日食 皆で喜びを分かち合う「あの日、あの時」

慈恵医大外科学講座のスローガンは「トキメキと安らぎのある村社会」です。私たちにとってレジデントは決して安価な労働力ではなく、トレーニングを始めたその日から大切な仲間として受け入れることをお約束します。働き方改革が医療の世界にも浸透していますが、昨今は若手医師の皆さんがワークライフバランスやプライベートタイムの充実を重視する傾向が非常に強くなっております。かつてのような“3K”の医局に人が集まるような時代ではなく、レジデントの教育を担う立場にある者は、こうした時流の変化から目を背けることはできません。私たちは日本外科学会理事を務める大木隆生チェアマンをリーダーとして、タスクシフティングや当直勤務の負担軽減、関連学会への働きかけなど、外科医の待遇改善に向けて積極的な対策を打ち出しております。レジデントが適正な休日を確保し、長期休暇を取得しやすい環境を整備するとともに、女性外科医が育児をしながらでも仕事を続けていくことできるようなサポート体制も構築中です。

5年後も、10年後も、入局してよかったと感じてもらえる医局でありたい。

熱い志とハートのある皆さんを慈恵医大外科学講座のレジデントとして迎えることを心から楽しみにしています。

慈恵医大外科レジデントコースのアピールポイント

  1. 出身大学や初期臨床研修病院に関わらず、後期レジデント修了後は優先的に外科学講座に入局することができる。入局後は「仲間の面倒は一生見ます」の一員になれる。
  2. 7診療部から構成された大講座であり、修練中は各分野のエキスパートから直接指導を受けることができる。レジデント修了後は多分野の中から進路を自由に選択でき、個人の意思が100%尊重される。
  3. チェアマンとレジデント委員会が常に各レジデントの経験症例数と満足度をチェックし、修練施設にフィードバックしている。そのためレジデントの満足度は高く、修了時に外科専門医を取得するための症例数を楽勝で経験できる。
  4. レジデントとして大学付属病院あるいは分院勤務中は有給の職員として処遇され、大学からの給料のほかに週一日のアルバイト日が設けられている。また派遣病院で修練中はスタッフと同等の給与が支給されるので経済的にも心配無用。(3年間の後期レジデント期間中平均年収1,000万円となるよう配慮しています。)
  5. 一般外科コース(3年間)の他に選択コース(呼吸器、血管、乳腺・甲状腺・内分泌、小児外科)を設け、より専門的分野に興味のあるレジデントは最長1年間、選択コースの中から希望の診療部を選べる。残りの2年間で外科専門医取得に必要な一般外科の経験を積む。
  6. レジデント期間中は年2回の医局ゴルフコンペや各種外科学講座イベント(新年会、納涼会、忘年会、同門会などなど)や毎月開催のチェアマン夕食会に無料で招待される。(チェアマン夕食会は誰でも無料です。)
  7. 毎年コンスタントに10名前後が仲間として加わっており、たくさんの同期とともに切磋琢磨できる。

外科レジデントシステムについて

レジデント期間の3年間では,外科領域すべてにわたる基本的な診療・検査手技・手術手技を会得することが要求されますが,慈恵医大外科学講座ではこれらのニーズに十分お答えできるようなプログラムを作成しています。

東京慈恵会医科大学外科のレジデントプログラムの詳細をご覧になりたい方は ここをクリック してください(レジデント期間3年のプログラムが記載されています)。

レジデントプログラムの特徴

1. 外科専門医を最短で取得するためのプログラム

現在の医療界では好む、好まずに関わらず専門医資格が要求されています。外科医として必須となる資格は外科専門医です。ほとんどの外科医がこの資格を持っているといっても過言ではありません。この資格を保有していない場合、のちに専門分野で設けられているサブスペシャリティ学会の専門医(例えば日本消化器外科学会専門医など)を受験・取得することはできません。したがって、当科では本資格を最短で取得するためのプログラムを作成しています。レジデント委員会には常に3人以上のスタッフが配置されており、プログラムが適正な軌道に乗っているのか否かをチェックしています。

2. 多数の関連施設・多数の手術症例・バラエティに富む疾患

慈恵医大外科学講座には本院を含めた4つの大学附属病院の他にも多数の関連施設があり、最先端の治療を提供する施設、救急医療が充実した施設、地域医療に注力する施設と、施設ごとの特性も多岐に渡っています。日本外科学会やサブスペシャリティ学会の認定施設・修練施設が大多数を占めており、この中からレジデントの経験症例数や希望を十分に反映させながら派遣先を決定しています。 外科レジデント修練施設の中には、自施設では症例経験を積めないために他施設に出張して不足症例を補わなければならないという施設もありますが、慈恵医大外科学講座は全ての診療部を網羅し、バラエティに富む疾患に接する機会が保障されていますので、その必要は全くありません。このことは、自分に適した診療部を3年間のレジデント期間中にゆっくりと吟味できることにもつながります。

3. 大木隆生チェアマンとの個人面談

レジデントが適切なトレーニングを受けることは教室にとっての最重要課題です。この目的を達成するために講座としてレジデント委員会を組織し、年に2回、大木隆生チェアマンとレジデント委員、レジデントが個別に面談します。レジデントは自分の意見・要望などを講座のトップに直接、誰にも気兼ねすることなく伝えることができます。その際にレジデントが経験した手術の数、内容、術者・助手の別をチェックすることは言うまでもありませんが、給与や指導医との関係性、プライベートに至るまで、個々のレジデントが充実した日々を送っているかも聴取しています。もしレジデントに相応の手術の機会が与えられていなかったり、不利益な取り扱いを受けている場合には、大木チェアマンとレジデント委員会がすぐにその改善に向けてアクションを起こします。実際に、レジデントの評価が継続して低かった関連病院からはレジデント派遣を撤退したこともあります。

レジデントの声

後藤 圭佑(レジデント3年目)

卒業年:
2016年
出身大学:
関西医科大学

竹内 奈那(レジデント3年目)

卒業年:
2016年
出身大学:
東京慈恵会医科大学

広原 和樹(レジデント3年目)

卒業年:
2016年
出身大学:
東京慈恵会医科大学

川谷 慶太(レジデント2年目)

卒業年:
2017年
出身大学:
高知大学

竹内 秀之(レジデント2年目)

卒業年:
2017年
出身大学:
大分大学

丹治 芳明(レジデント2年目)

卒業年:
2017年
出身大学:
東京慈恵会医科大学

山田 雄太(レジデント2年目)

卒業年:
2017年
出身大学:
金沢大学

西出 亮(レジデント1年目)

卒業年:
2018年
出身大学:
山梨大学

先輩医師の声

古川 賢英

卒業年:
2006年
出身大学:
東京慈恵会医科大学
サブスペシャリティ:
肝胆膵外科

増田 隆洋

卒業年:
2010年
出身大学:
東京慈恵会医科大学
サブスペシャリティ:
上部消化管外科

五十嵐 陽介

卒業年:
2015年
出身大学:
東京慈恵会医科大学
サブスペシャリティ:
肝胆膵外科

鎌田 哲平

卒業年:
2015年
出身大学:
東京慈恵会医科大学
サブスペシャリティ:
下部消化管外科

原田 愛倫子

卒業年:
2015年
出身大学:
聖マリアンナ医科大学
サブスペシャリティ:
呼吸器外科

山下 貴晃

卒業年:
2015年
出身大学:
獨協医科大学
サブスペシャリティ:
乳腺・甲状腺・内分泌外科

病院見学のご案内

場所

東京慈恵会医科大学附属病院(本院・東京都港区)
※分院の見学をご希望の方には、各施設の担当部署にお取り次ぎさせていただきます。

対象

  • 全国の医学部学生の皆様
  • 慈恵医大外科学講座への入局をご検討中の初期臨床研修医の先生方
  • 中途入局をご検討中の先生方
  • 研鑽を目的として手術見学を希望される全国の外科医の先生方

見学受け入れ期間

月曜日から金曜日の通常診療日について、年間を通じて随時受け入れさせていただきます。 期間については半日・終日・複数日などご希望に応じてフレキシブルに調整させていただきます。朝カンファレンスが行われる月曜日を含むことと、見学希望の診療部がお決まり場合は当該科の手術日を含むことをお薦めいたしておりますが、必須ではございません。

見学内容

皆様のご希望に応じて、主に以下の中からアレンジいたします。

  • 手術、外来、病棟業務、カンファレンス等の見学
  • 院内各施設の見学
  • 当科スタッフ、レジデントとの懇談
  • 入局説明会ビデオの視聴

※学生の皆様がお越しになった場合は、研修医室や研修医寮の見学、当院の初期臨床研修医との交流、臨床研修センターの事務職員との面談もご希望に応じて調整いたします。

その他

  • 外科学講座の複数の診療部の見学を織り交ぜてスケジュールを組むことも可能です。
    例(1日のみ見学にお越しになる場合):午前 呼吸器外科、午後 肝胆膵外科
    例(2日間見学にお越しになる場合):初日・血管外科、2日目・下部消化管外科
  • ご希望の診療部がお決まりでない場合は、ご希望日の各診療部の手術やスタッフ配置の状況に鑑みて、適切なスケジュールを組ませていだきます。
  • 遠方からお越しの場合には、ご帰宅の際にご利用になる新幹線や飛行機の出発時刻をあらかじめ申し出ていただければ、必ずその時間に間に合うように配慮させていただきますので、どうぞご安心ください。

申し込み方法

以下のフォームからご連絡いただき、メッセージに病院見学をご希望の旨をお書き添えください。担当者より折り返しメールにてご連絡させていただきます。 現在、国内の新型コロナウイルスの感染動向によっては病院見学をお引き受けできない期間も生じておりますが、まずはお気軽にご連絡をいただければ幸いです。 初期臨床研修につきましては、こちら もご覧ください。

病院見学のお問い合わせ