アイキャッチ No Image
小児外科 -舌小帯短縮症

舌小帯短縮症

【舌小帯短縮症とは】

 舌小帯短縮症(俗称:つれ舌)または舌癒着症は、舌の裏側にある膜状の組織が舌の先から歯茎に伸びているために舌の動きが制限される先天性の異常です。そのため哺乳が上手にできなかったり、硬いものや大きいものを奥歯に運べずにうまく食べられないといった症状がでます。また、3~5歳になって発音がはっきりしなかったり(“舌足らず“の発音)します。

【症状】

哺乳不良(浅飲み・眠り飲み)

 乳房への吸いつきが浅かったり弱かったりするため、哺乳不十分のまま疲れて眠ってしまうことがあります。

体重増加不良

 哺乳量が不十分のため体重が増えない症状です。

乳頭痛・乳腺炎(乳首が痛い・乳房がしこって痛い)

 吸いつき上手くできずに歯茎で乳頭を噛んでしまう、また、吸う力が弱く、乳管が詰まりやすく乳腺炎を引き起こすことがあります。

形態異常(ハート舌)

 舌先が歯茎に固定されているため舌先端がハート形に割れたような形態をとります。

摂食障害(偏食や飲み込み癖)

 舌の運動制限により奥歯に硬いものや大きいものを上手く運べないため、そういった食事を避けたり噛まずに飲み込んでしまう癖がつくことがあります。

構音障害(舌足らずの発音)

 舌先を使う「サ行」「ラ行」「タ行」の発音が不明瞭となります。

【舌小帯診療の現状】

 この病気の問題は、日本小児科学会が2001年に舌小帯短縮症と哺乳は関係がないので治療の必要はないという声明を出したため、全国の小児科医がこの病気に関心を示していない点にあります。そのため子どもが哺乳や発音の問題を抱えていても、相談にのってもらえる医療機関が少ない上、治療する施設は全国でも数少ないのが現状です。

 舌小帯短縮症の手術治療に積極的に取り組んでいる新百合ヶ丘総合病院(当科の関連派遣施設)の伊藤泰雄先生のご指導の下、当院で専門外来を開始しております。

【適応】

 当科では、上記の症状に加え外見と機能の5項目からなる舌小帯評価スコアを作成し、合計スコア10点(満点)のうち7点以下を手術適応としています。

【手術】

①1歳未満の場合(局所麻酔)

 手術は外来処置室もしくは日帰り入院で行います。舌小帯に表面麻酔剤を塗って切開します。手術は数分で済みます。出血はありますが、ガーゼで圧迫して止血します。傷口を縫うことはありません。止血を含めた処置の終了の30分後から授乳していただきます。再出血や麻酔薬に対するアナフィラキシー(アレルギー反応)などがみられなければ帰宅していただきます。

 局所麻酔での手術の場合は術後のケアとしてお家で舌のストレッチを行って頂きます。これは傷口の再癒着防止のためです。1日4回のストレッチを3週間行っていただきます。1週後に再癒着の有無を外来で診察し、癒着があれば指で剥離します。1か月後の診察で創が治癒し、症状の改善がみられれば治療終了となります。全身麻酔で切開、縫合した場合はストレッチの必要はありません。

②1歳以上の場合(全身麻酔)

 1歳以上の幼児では全身麻酔をかけないと手術ができない場合があります。その場合は2泊3日の入院となります。創は吸収糸(時間が経つと溶ける糸)で縫い合わせます。

※手術方法は月齢のみならず、お子様ご本人の性格や体格などによっても異なりますので上記年齢はあくまで目安です。外来で診察し、ご相談の上で決定いたします。

【術後リハビリテーション】

構音障害(発音の問題)のある年長児においては、手術のみではその矯正は不十分です。一度身についた舌の動きの悪さを補うような発声の“癖”の矯正には、術後のリハビリが重要となりす。当院では専門の言語聴覚士による個々の状況にあった綿密なリハビリテーションが可能です。月に一度程度の通院による言語訓練を行っていきます。

新百合ヶ丘総合病院(神奈川県川崎市麻生区)舌小帯外来

当院は新百合ヶ丘総合病院(関連施設)と連携し、舌小帯診療を行っております。

伊藤泰雄先生(新百合ヶ丘総合病院小児外科)のブログ

舌小帯診療についての情報発信をされています。