小児外科 ヒーローイメージ
小児外科 – 小児の良性腫瘍

小児の良性腫瘍

奇形腫、血管腫、リンパ管腫、卵巣嚢腫(腫瘍)、脂肪腫など様々な腫瘍があります。良性の腫瘍が疑われても増大傾向があるものや診断がつかないものは手術による摘出が必要です。卵巣嚢腫のようにお腹の中にある腫瘍や胸の中にある場合にも、鏡視下手術(腹腔鏡や胸腔鏡)を用いて、小さな創での手術を行っています。

また、リンパ管腫に関しては、その状態に応じて手術以外にも薬(OK-432)による硬化療法を行っています。