教授ご挨拶

教授挨拶

大木 隆生 分野担当教授

東京慈恵会医科大学外科学講座
Chairman(統括責任者) / 血管・小児外科

大木 隆生 分野担当教授

東京慈恵会医科大学外科学講座 統括責任者・教授の大木隆生です。血管外科を専門にしています。慈恵医大外科学講座は日本でも数少ない大講座制をとっており、医局員総勢約300人に迫る大所帯です。この日本有数の医局員数により、明るく活気ある雰囲気が生まれ、それが当科の特徴となっています。

我々は日頃から専門性の高い医療を提供しておりますが、大講座制のメリットにより複数の異なる臓器の外科治療が必要な患者さんにも臨機応変に対応することが可能です。専門分野として、上部消化管外科、下部消化管外科、肝胆膵外科、呼吸器外科、乳腺・甲状腺・内分泌外科、血管外科、小児外科の7診療部があります。約40の関連病院も含めた年間手術件数は約18,000件に及びます。専門分野によっては、本邦一の症例数を誇る診療部や、いくつも本邦初の手術を施行した診療科部あります。治療方針は、基本的には各診療科のカンファレンスと全外科合同カンファレンスで決められます。

慈恵医大外科学講座のモットーは、第一に確かな技術と経験に裏打ちされた安全性の高い医療を提供することです。さらに、最新のテクノロジーを駆使し他施設で手術不能と判断された患者さんの救命に挑んでいます。そして極力低侵襲な手術を行うことで患者さんが早期に社会復帰できるように心がけています。また、アットホームな雰囲気もあり、患者さんに慈恵医大の外科に来て良かったと思っていただけるよう努力しています。

学会の開催、研究活動、レジデント・研修医・医学生への教育にも力をいれています。前述したとおり当科は大講座制をとっていますが、研究と教育面では3分野に分け(組織図参照)、消化管・肝胆膵外科を消化器外科分野として池上徹教授が、呼吸器・乳腺・内分泌外科分野を大塚崇教授が、血管・小児外科分野を私、大木隆生が担当しています。

我々自身の気持ちが充実していなければ最善の医療を施す事はできないという考えに基づき医局員同士の絆と友愛を基本とするゲマインシャフト型社会を基盤とし「トキメキと安らぎのある村社会」をスローガンとしています。こうした求心力の高い組織を作ることで各医局員の幸福度がアップするのみならず、損得勘定抜きのパワーが生じます。

このホームページで私たちの医療に対する想いやその実際を理解していただければ幸いです。

池上 徹 分野担当教授

東京慈恵会医科大学外科学講座
消化器・肝胆膵外科

池上 徹 分野担当教授

消化器外科分野は、食道から胃・十二指腸を扱う上部消化管、大腸や直腸・肛門領域の下部消化管、そして肝胆膵・肝移植領域を扱う肝胆膵外科を含む非常に守備範囲の広い領域です。守備疾患は、消化器悪性疾患のみならず良性食道疾患や病的肥満、そして肝不全等の臓器不全まで非常に幅広い領域です。我々が行っている外科治療は、開胸・開腹のみならず胸腔鏡や腹腔鏡によるアプローチにて上部・下部消化管から肝胆膵を含む全消化器臓器の切除再建術から肝胆膵領域の血行再建術を含む手術療法のほか、周術期呼吸循環管理・外科感染症および栄養代謝管理・移植後免疫抑制療法・緩和医療など幅広い外科関連治療を含みます。診療部は上部消化管外科(三森教雄部長)、下部消化管外科(衛藤謙部長)、肝胆膵外科(池上徹部長)の3診療部に分かれていますが、垣根なく風通しの非常に良い一つの消化器外科チームとして日々診療を行っています。

消化器外科分野では、多様な人材に対してそれぞれの特製を生かせる多くの学びの機会を提供し、「心を尽くした教育」を実践することを第一に考えています。その過程では、消化器外科専門医資格の取得はもちろんですが、興味のある分野に応じて食道専門医・大腸肛門病専門医・肝胆膵外科高度技能医など専門性の高い資格や、消化器病学会専門医など内科系専門医、外科系診療科共通の内視鏡外科学会技術認定医を取得できるよう、必須となる学会発表や論文作成を含めて体系的な指導を行っています。希望者には大学院での基礎研究や海外施設への臨床・研究留学なども励行しています。外科教育に於いては、確固たる知識と技術とともにバランス感覚にも優れた消化器外科医を育成することは勿論ですが、彼らが幸せを実感できることが最も重要であると考えています。

大塚 崇 分野担当教授

東京慈恵会医科大学外科学講座
呼吸器・乳腺・内分泌外科

大塚 崇 分野担当教授

東京慈恵会医科大学外科学講座のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。私は呼吸器外科、乳腺・内分泌外科講座を担当する大塚崇と申します。慈恵医大外科学講座の特徴を以下に述べさせていただきます。

紹介医の先生方へ 慈恵医大外科の臨床力

  1. 低侵襲手術
    慈恵医大外科では低侵襲手術に積極的に取り組んでいます。内視鏡、胸腔鏡、ロボットを用いた低侵襲手術で国内トップレベルの早期退院、早期社会復帰を実現しています。
  2. 進行癌に対する手術
    他院で手術不可能といわれた進行癌や大きい腫瘍の患者さんに対しても、条件がそろえば人工心肺やECMOを用いて手術を行っています。
  3. 併存疾患のある患者さんへの治療
    併存疾患があっても慈恵医大の他科との連携により安全に手術を受けて頂くことが可能です。
  4. 目に見える継続するフォローアップ
    外科治療を行った後には、術後経過の詳細な報告を定期的にお送りします。紹介して頂いた後も患者さんと紹介医の先生に安心して頂ける診療を行っています。

是非とも患者さんのご紹介をよろしくお願い申し上げます。

慈恵医大外科への入局を考えている皆さんへ

  1. 機能している大講座制
    慈恵医大外科の特徴として300人の医局員からなる「機能している大講座制」があります。診療部を寄せ集めた形だけの大講座ではなく、一丸かつアットホームな雰囲気の講座を形成しています。各専門診療科間の交流は多く、それは臨床、研修、研究での全ての方面でworkしています。若手外科医は、全ての臓器、多くの疾患を扱い、幅広い知識、技能を得ることが出来ます。また多くの外科医とのつながりを得ることが出来ます。
  2. 豊富で多彩な病院と症例
    首都圏を中心に4大学付属病院と関連病院を有し、各々高いレベルで診療、研究を行っています。それぞれの得意分野があり、多彩な症例の勉強ができます。
  3. 研究と学位取得
    学位希望者の多くが学位を取得しています。豊富な症例を基盤とした臨床研究、基礎研究を外科学講座の研究室、また基礎研究室とのコラボレーションを行っています。国内の研究施設との共同研究も多く行っています。
  4. 留学
    海外への研究留学、臨床留学、国内多施設への留学を積極的にサポートしています。多くの若手が希望通りの留学先を見つけています。

多様、多彩な人材により、外科を通じて日本、世界に貢献、発信していく外科学講座です。外科医として目指すこと、夢中になれることがきっと見つかります。