小児外科 ヒーローイメージ
小児外科 – 胆道系の病気

胆道閉鎖症

胆道閉鎖症は肝臓で出来た消化液である胆汁が、腸へ流れる道がないために黄疸(おうだん)となる病気です。早期診断と手術による治療が必要で、生後60日以内に手術をしないと術後の経過が悪くなるといわれています。その診断には、便や血液検査、超音波検査などが参考になりますが、診断が難しい場合には、われわれは、腹腔鏡を用いて小さな創で胆道造影を行って早期診断を行います。

胆道閉鎖症と診断がつけば、手術(肝門部空腸吻合術)を行います。この手術により胆汁が流れるようになるのは70%前後で、残りは手術を行っても胆汁が十分に排泄されず、肝硬変が進むため、肝移植による治療が必要です。また、手術が上手くいっても成人の肝硬変と同様に食道静脈瘤に対する注意が必要です。我々はこのようなお子さんに対しては内視鏡科と協力して1年に1回程度、中学生以下の場合は、全身麻酔下に内視鏡検査または、必要に応じて静脈瘤の硬化療法をおこなっています。

胆道(総胆管)拡張症

胆道拡張症は、三大症状といわれる腹痛、黄疸、腹部腫瘤のほか、発熱、嘔吐、灰白色便にて発見され、乳幼児期に最も多く見つかりますが、最近では胎児超音波検査で出生前に発見されることもあります。膵炎や腹膜炎を起こすこともあり、この場合は早い時期での治療が必要です。原因として膵臓から膵管と胆道が合流する部分(共通管)の異常が言われています。

通常は胆管内に入り込まない膵液が胆道内に流れ込むことによって胆道が拡張し、障害をうけて胆道から悪性腫瘍が発症する危険性が高い疾患です。治療としては手術以外の方法はなく、手術は、拡張した胆管と胆嚢の切除を行い、肝臓の側の胆管と小腸を吻合する方法を行います。術後は2〜3週間で退院となりますが、手術後は、残った胆管から悪性腫瘍の発生や結石形成がみられることがあるため、成人になっても年に一回は超音波検査などを行うことが推奨されます。