小児外科 ヒーローイメージ
小児外科 – 漏斗胸

漏斗胸

漏斗胸とは、胸の中央部が凹んでいる変形をいいます。ごく軽度の漏斗胸は成長とともにしだいに目立たなくなってきますが、中等度や重度の漏斗胸の中には、臓器を圧迫してさまざまな症状が現れる場合があり、注意が必要です。

漏斗胸が重度になると、なんらかの不整脈や呼吸器症状が現れることがあります。これらはそれほど大きな問題にはならないかもしれませんが、成長や発達に少なからず影響している可能性もあります。また外見的に非常に目立つ場合、本人が精神的に大きな苦痛を感じる可能性があります。

漏斗胸の治療は手術になりますが、いままで広く行われていた方法は、胸部を大きく切り開き、骨を挙上したり裏返したりするものでした。しかし私どもは新しい方法として、ステンレス製のバーを胸腔に挿入して凹んだ骨を持ち上げて矯正するナス法(Nuss法)という手術をおこなっています。この方法はいままでの手術にくらべて手術時間が短く、傷も比較的小さくて目立ちません。バーは2〜3年入れたままにし、その後抜去します。

小児外科では当院の総合母子健康医療センターにおいて、漏斗胸の専門外来(胸郭変形外来といいます)を設け、毎週水曜日に診療をおこなっています(予約制)。治療に関する相談、カウンセリングのみでも結構ですので、漏斗胸のお子さんは、ぜひ1度受診されることをおすすめします。