アイキャッチ レジデント・先輩医師の声
先輩医師の声

山下 貴晃

卒業年:2015年 出身大学:獨協医科大学 サブスペシャリティ:乳腺・甲状腺・内分泌外科

皆さんこんにちは、乳腺・甲状腺・内分泌外科スタッフ1年目の山下貴晃と申します。

私は、父が慈恵医大外科学講座に所属していたこともあり、小さい頃から外科という仕事に憧れを抱いておりました。

学生時代に参加したフォーラムで統括責任者(チェアマン)である大木隆生先生に出会ったことで、慈恵医大で研修をしたい思いが強くなり、大学卒業後は慈恵医大本院で初期臨床研修をさせていただきました。

慈恵医大外科学講座は、7つの診療部(疾患班)から構成された大講座制で、常に活気に満ちています。他学出身の私も研修医としてローテーションさせていただいた際には本当によく面倒を見ていただき、大学の部活のノリが好きな自分としてはとても居心地が良く、一番思い出になった研修期間でした。初期臨床研修の期間を通して色々と悩みましたが、やはり外科への憧れと慈恵医大外科学講座の雰囲気の良さから、入局を決意しました。

その後、3年間のレジデント生活を経てこの選択は間違いではなかったと確信し、そのまま父の専門でもあった乳腺・甲状腺・内分泌外科のスタッフとして所属させていただくことになりました。

間違いではなかったという確信を持てたのには色々と理由があります。

まずは外科学講座チェアマンである大木先生の存在です。

大木先生は我々医局員の気持ちが充実していなければ、最善の医療を施すことはできないという考えのもと医局員同士の絆・友愛を基本とする、「トキメキと安らぎのある村社会」をスローガンとして掲げていらっしゃいます。医局員は、医局員同士はもちろんコメディカルともしっかりコミュニケーションを取りながらとても仲良く仕事をしており、仕事だけではなく、アフター5も先輩後輩の垣根を超えて皆和気藹々としており、日々の医療業務への充実感を得て、明日への活力(トキメキ)がみなぎってきます。

また大木先生は医局員はもちろん、研修医や学生までの名前を覚えてくださり、忘れることはありません。大講座制で、他の診療科よりも遥かに多い人数の医局員を抱えているのに、全員の名前を覚えていらっしゃるということに最初は衝撃を受けました。また外科をローテーションしている学生や研修医を対象に毎月1回「チェアマン夕食会」という夕食会を催してくださいます。

山下貴晃-1
初期臨床研修医時代 大木チェアマンと腕相撲で格闘

そこで大木先生が学生や研修医ひとりひとりと膝を突き合わせながら楽しく語り合ってる光景は絆・友愛を基本とする大木先生ならではだと思います。もちろん、私たち医局員も参加してお店はいっぱいです。

2つ目の理由としてレジデント研修のプログラムです。

先ほども述べさせていただいた通り、慈恵医大外科学講座は7診療部から構成されているので、レジデント3年間で様々な疾患に触れることができます。レジデント開始時には将来の志望科(診療部)をまだ決めていない人の方が多く、3年間で様々な疾患を実際に経験することで将来の道を決めていくケースが多いです。自分は乳腺・甲状腺・内分泌外科を志望していましたが、消化器外科領域をはじめ様々な疾患を経験させて頂き、今後の外科人生の糧にすることができました。研修期間が終わり、外科は志望したけどどこに進めばいいのかまだ決めていない方には当院の外科レジデントプログラムはとてもオススメです。(もちろん志望科を決めている方でも大歓迎です!レジデント期間中に他の診療部の魅力に惹かれ、心変わりすることもあります。)またレジデント3年間の間に1年に2回、計6回の大木先生との面接があります。この面接でレジデントの勤務状況や志望科、次の派遣先や留学、大学院の要望などを大木先生が直接聞いてくださいます。この面接によってその後のローテーションにレジデントの意見が反映されるように配慮してくださいます。ちなみに私はレジデント3年目の途中で、海洋実習船「日本丸」の船医を務めさせていただきました。これも慈恵医大外科学講座でしか味わえない貴重な経験です。

山下貴晃-2
日本丸の船上から

3つ目の理由は医局行事の豊富さです。

先ほど説明したチェアマン夕食会の他にも1年に1回の大医局旅行があり、大勢の医局員が参加します。普段お会いすることのない先輩や、他の勤務先で働いている同期達とお酒を飲みながら、温泉に入り、カラオケをしたり、とてもリフレッシュすることができます。これこそまさにトキメキと安らぎのある村社会の一大旅行です!大木先生と新人レジデントが都会の喧騒を離れてゴルフを通して親睦を深める1泊2日のイベントである「チェアマンインビテーショナルゴルフ合宿」や、年に2回の大木杯ゴルフコンペなども特徴的なイベントです。

山下貴晃-3
チェアマンインビテーショナルゴルフ合宿にて

また外科道大会皮膚縫合コンテストといった全レジデントを対象とした行事もあります。皮膚縫合のスキルだけではなく、縫合前の礼儀作法、精神面、バイタルなども評価対象になるまさに外科道の大会です。毎年笑いあり涙ありの大会で、同期の外科道に触れ、自分のモチベーションを高めるとてもいい機会になります。(同期の多さも魅力の一つです。毎年10名前後入局します。)

また年末にはホテルオークラでの大忘年会があります。外科の医局員だけではなく、他の診療科の先生方やコメディカル、業者の方などにも参加していただき、とても豪華な忘年会となっております。

とにかく年間を通して様々な行事があり、とても充実した、飽きることのないレジデント生活を送ることができます。

他にもまだまだ伝えたいことがたくさんありますが、最後にもう一つ。

この度、嬉しいことに我らが外科学講座のチェアマンである大木隆生先生は、令和5年(2023年)の第123回日本外科学会定期学術集会の会頭に選任されました。

今後、この学術集会にむけて大木先生を中心とした外科学講座はワンチームとなって、さらなる発展を遂げていくことになると思います。そのために、将来ある若い先生が1人でも多く入局してくれて、これからの外科学講座を盛り上げて欲しいと思っております。

将来の進路に悩んでいるそこのあなた!!是非一度見学に来てみませんか?

「トキメキと安らぎのある村社会」を身をもって感じることができますよ!

これを読んで、少しでも慈恵医大外科学講座に興味をもってくださる方がいればとても幸せです。そして私たちと一緒にこれからの外科学講座を一緒に盛り上げていけることを楽しみにしています。

山下貴晃-4
現勤務地・大町病院にて 筆者は写真手前